あなたのお話し聞きます?

1月にWSでアウトプットした事を今更書いている。

 

大学進学で、文系科目よりは理系科目の方が良かったので、一応理系に進んで大学入試もしたのですがね。

 

実は漠然と心理学が頭の中にあって、自分がカウンセリングしてるイメージを持ってて。

 

気付けば、そのイメージと近いところを歩いている。

具体的に歩いている。

 

 

 

アレクサンダー・テクニークに出会って、先生になる勉強をしている。

ボディーワークと言えばボディーワークだけど。

身体の使い方を通して、考え方や、更には生き方までアプローチしていけたら良いよね。

 

 

prayers studioに出会って、演劇の可能性を感じた。

演じるのは勿論、観る事も。

もっと人が生きやすくなるための方法の1つなんじゃないかな。

そして、演劇の敷居が低くなって、演技がもっと身近になって。

みんなが役者に、アーティストになる。

ってか、実際はもうみんなアーティストなんだけどね。

ん、この路線合ってるかな。

 

PBMに出会って、より身近に、日常的に、単純に、身体を通して安心を感じる事を学んでる。

 

今の僕の主軸がこの3つ。

どれも似ていて、

欲張りと言うか、絞れてないと言うか。

そして、どれもまだ稼げるところまで来てない。

 

でも、

身体と心

これからブレる事はないだろな。

 

 

そんな私、カウンセリングとかではないけど、「あなたの話を聞きます」って事をやってみては?と言われた事がありまして。

あたし、聞き役します。

勿論、詰めるところだらけだけど、

これ、需要あります?

芝居ができない

芝居やめて、色々やって、そろそろ台本にとりくんでみようかなって思ったんだけどさ

 

芝居降ろされたのって、、

会話できないからよね?

交流ができないからよね?

読解ができないからだっけ?

 

あれ?

なんでこんなに台本苦手意識あるんだ?

 

あー

シンビアンでの記憶かぁ

 

戯曲水曜クラス。

 

でも、それって、結局、交流できてる、できてないがメインで語られてたよね?

 

だったら、それは読解ができなかった。には繋がらないのではないのかしら?

 

では、修了公演が失敗したのは何故かしら?

そこはやっぱり読解不足だと思う。

んでも、その一回だけなんだよね。

 

ずーっと台本できない、台本できないって、思って来たけど、実は台本稽古の中で会話が出来なかったってだけで、まだ、戯曲読解には手をつけて無かったのではないかと。

 

だとしたら、それはただやったことがないだけなんじゃないかしら?

 

これから新しく始める事なのではないかしら。

 

 

 

 

 

 

 

わたしの、領分

本日はこちら


f:id:Mettan:20170330143901j:image

「わたしの、領分」

 

まずは役者の技量が凄い❗

あの緊張感、空気感で始められたら目を離せないじゃないか❗

狭いとは言うものの、あの空間を満たし、

どこででも感じられる、届く。

 

そんで色んな感情が渦巻く劇空間。

もう何を感じ、何を受け取ったのか、カテゴライズできない。

言語化できない。

言葉にしようとすればするほど、受け取ったモノが小さくまとまってしまう気がする。

安っぽくなってしまう気がする。

 

終演してもう一時間経つが、まだ震えが止まらない。


 もう一度見たい。

 

観てください!としか言えない、

 

4/2(日)までやってるみたい。

 

 https://watashi-no-ryobun.themedia.jp/

https://h-navi.jp/column/article/35026226

マニンゲンプロジェクト

そして、楽園を振り返りますと劇小。

 

こちらではマニンゲンプロジェクトという団体が公演をしております。

prayers studioで絡んだ事もある、マキちゃん、しーとん、たけ。

絡んでこそいないが何度かお会いした小春ちゃん

全く接点は無いがprayers受講者の椎名さんと遠藤さん。

キャスト8人いて6人prayers受講者って!

羨ましいと言うか、ムカつくと言うか………

 

まだ1度しか観たことが無いので作風こそ分かりませんが、キャスティングで十分期待してしまう訳です。

 

4/2(日)までやってるらしい。

真実の演技を求め学んでいるこの役者陣が何をするのか楽しみです。

関係者ではないので公演内容も知らないので上手く宣伝できませんな。

とりあえず、何かしら心をざわつかせたのなら観てみませんかね?

 

 

 

 

 

 

聲の形

昨日、聲の形がやってるって事で、大森までいってきた。

水曜サービスデイ。

ここはなんと、メンズもサービス料金だった(^ー^)


f:id:Mettan:20170329213857j:image

 

始まってすぐ胸がざわついて、 最後まで……。

自分が色々しまい込んでたたくさんのモノをノックされた。

 

自分のはまりやすい考え癖をたくさん見せてもらった。

 

みんなその癖にはまっちゃうんよね。

でも、こうやって、観る事で理解しつつ体感する。

そしたら今までの自分自身より、少し余裕をもって付き合えるようになるんじゃないかな。

 

わかんないけど。

 

アニメ映画だからこそのわかり易さ。

実写映画だからこそのスケール感。

演劇だからこそのリアルな共感。

 

 いろんな表現があっていろんな体験したいですね。

 

 

 

僕の中にも石田君はいる。

そしてバカだね。

 

 

夜桜

先日、夜桜見物に行ってきた。

 

っても、まだ咲き始めではありましたが。

 

遠くから見たら、桜ってこんなに濃いピンクだっけ?と思い近づく。

 

よくよく見てみた。

 

濃いピンクは蕾でした。


f:id:Mettan:20170329155436j:image

満開の桜とはまた違う

凝縮されたモノ、

力強いモノ

を感じました。

 

だったら、満開の桜は何を見せくれるのかなぁ。

数年ぶりに満開の桜も見に行きたいな。

 

 

 

 

prayers studio ベーシック1夜day3・4(単発)

先週、今週と演技のWSに参加した。

 

両日共に直前に個人的な気付きがあっての参加だったので、想像力の中での出来事が初めて見るシチュエーションで、新たな展開がありました。

 

「煮たい人参が現れた」ってやつかしらね。

 

現実世界でプロセスを踏んだからこそ、それを見ることができたんだと思っている。

 

父親と少ないながらも対話したからこそ、

父親との関係性が進んで、

新たなヴィジョンが見えてきたんだと思う。

 

父も母も

あれはダメ。

これはダメ。

なんでそんなことをする?

みたいな事が多々あって。

やってはいけない事にがんじがらめになってた。 

これが変化して失敗してはいけない。

になってたのかしらね。

 

~~~~~~~~~~

 

窮屈で。

狭くって

俺は鳥かごの鳥じゃねえ!

俺は箱入り息子か

 

野放しで良いよ

泥臭く生きたいよ

放っておいてくれよ

 

雑草のように生きたいよ

いっぱい失敗したいよ。

 

~~~~~~~~~~

って思ってたようで

 

うん、確かにそう思ってたわ。

 

まだまだ失敗する事に抵抗ありまくりだけど、まずはここからです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

nお