気付けば、1ヶ月後には千秋楽を迎えてるのか。

 

復帰舞台の話ね。

 

舞台に上がるってなってからの演技レッスンはどことなく違う感じがした。

 

なんだかんだレッスンしてきたけど、

結局は舞台に上がらないし~~、

役者じゃないし~~

ってところで適度に適当だったのかなぁ。と振り返ってみるとそう思う。

 

そう思うとやっぱり、

演技レッスンで言う「目的」

PBMで言う「リーチ」

アレクサンダーで言う「ディレクション

(どれも似たような意図で僕は使ってます。)

がやっぱり大事なんだなぁ、と実感し、それがあっての覚悟なんだなと。

 

その点含めて、この数ヵ月はとても実りあるレッスンができたんじゃなかろうか。

これ、舞台で活かせるのかな?

って疑念はあるが、それは自分次第。

いや、使えるはず。

楽しみだ。

 

「自分自身がどうなるか楽しみ❗」

って思って望む稽古って初めて。

 

俺も一応成長してるんだな。

稽古はいよいよ来週から。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~

「ボクとママと発達障がい」

日時○9/13(水)~9/18(月祝)

場所○中野劇場MOMO

料金○前売3800円 当日4300円

原作・原案○五十嵐万葉

脚本・演出○さい鹿秀吉(REDNOWLAND)

詳細はHPにて。

https://bokutomama.amebaownd.com/

 

チケットのご予約はこちらからお願いしますね。

https://ticket.corich.jp/apply/81544/met/

 

 

 

そもそも、あたし、声には自信がない。

 

小さくて、届かなくて、響かなくて。 

セリフもそう。

無理矢理出してる感じあるんよね。

だからすぐに声渇れるし。

その影響か、音取るの苦手。

なので、歌なんて絶対人前で唄いたくないって思ってる。

 

ボイトレ通いたいと思いつつ、結局行かず。

そしたらミゲルのお知らせが。

 

いわゆる体験会で、デモレッスンやらトークやら聞いてたら安堵の思いと共に涙がホロリ。

ここなのかな。って思ったね。

自分の声を見つけましょう🎵って言われた。

 

んでレッスンした翌日

どうしたの?その声良いね、

的な事を人に言ってもらえたの。

めっちゃギフトだわーって言ってもらえた。

声誉められるのなんて全くないから、嬉しくて、実際何を言われたのかすらあまり覚えてないっていうぐらいね。

 

 

次のレッスンは半年後だけど、凄く楽しみ。

自分の声をみつけて、

いつか人前で楽しく唄える時が来るのかな( ^∀^)

昨日はしーとんとドライブ。

 

半分ウソです。

最近仕事で車に乗ってるので、彼女のお仕事の用事で運転手で呼ばれました。

 

仕事で使ってる車はカーナビが付いているんだが、今日の用事でお借りした車には付いてなく、まだまだ車を乗りなれないのもあって、二人であくせく、バタバタしながらの道中でした。

 

 

でもでも、隣に人が乗ってるって事ですごく安心感を持って「居る」事ができ、結局は楽しい道中だったなぁ。

 

PBMでの学びがあって、こういう風に感じるんだな~って

そう気付ける事がちょっと楽しかったりもする。 

 

 

今日まで3日連続で、紹介してもらったお仕事をしておりました。

初日を迎えるまで、いつものネガティブ思考でぐるぐるしてて、思考を占領しており、全くもって他の事を考えられなかった。

大事な決め事も、「やる」って言ったり「やらない」って言ったり。

でも、そんな風に思考がフリーズしてるのに気付けた自分も良かった。

ちゃんと学んでた。

そして、それを踏まえて「待ってもらえる」という先方の対応にもとても感謝である。

 

仕事的にはまだまだ出来ない事だらけで、相方に助けてもらいっぱなしではあったが、やっぱり良い体験だった。

色々頭に入れて、余裕が出て来たらきっと楽しくなるだろうな。

っって、一通り終わって、少し目の前が見えてきそうな気配。

 

帰ろうかと思ったら、メガネが違~う。

あまり見えない方のメガネだった。

安全運転で帰ります。

 

 

昨日までの三日間はPBMのTT(トレーナートレーニング)のモジュール2でした。 

なんも、書いてなかったわー。

 

そして、今日はアレクサンダーテクニークのクラス。

 

どっちも先生になるクラスです。

 

今日はね

「毎瞬毎瞬出会う」

って事をハンズオンワークを通して体験した。

「へー」ですよ。

「これですか」ですよ。

全然違う事やっていたみたい。

だけど、少し前から自分のハンズオンワークの中で気になってた事は、やっぱりそういうことを意味してたんだと。

そして、今回のワークで違いを体験し、何をしていくのかも身体が教えてくれるんだなって感じたよ。

 

 

今回で終わる事もできるし、次回に回す事もできる。

 

どうします?

 

普通に考えたらさっさと終わらせた方が楽よね。

 

でも躊躇しちゃうのね。

 

これ、いつものパターン。

 

心の準備が、とか

途中の実際の体験ないし、とか。

 

今日の自分のグダグダな感じを思い出すと、進めるのか?

とかも思ったけど、

 

んでもいつかやるんでしょ?

ってか時間あけたら心の準備できるの?

だからこそ、

やろうと。

 

そして、

きっと次のステップに進めたら、絶対成長する。

 

って思った。

9月の公演までにやれるだけの事をやるんだから。

 

 

 

色んな学びを、

色んなタイミングで始めたのに、

結果として、どれも同じ課題に向かい合ってるような気がする。

 

 

先日、約1年前にした事で、辛かったな~って事を再びした。

 

相変わらずネガティブな思いに支配されやすいし。

 

すぐ被害者になっちゃうし。

 

やっぱり当時と同じ結果になるのかな?

 って思いながらドキドキしてた。

 

でも、1年前の自分とは違うし。

 

だったら、違う結果みたいし。

 

自分にスペースを持って

 

そこに居続ける。

 

 うん。

 

違う結果を得る事ができた。

 

1年前とは違う場所に立つことができた。

 

その続きはわからないけど、進んでいるんだな。

 

確実に歩んでいるんだな。